ハンドメイドで鉄道模型
*
ホーム > 音楽 > 反応が違いすぎる引っ越し先の挨拶

反応が違いすぎる引っ越し先の挨拶

国内に限りますが、夫が転勤属だったため指折り数えないと分からないくらい何度も引っ越しを致しました。基本、社宅があてがわれるのですが、社宅がなくアパートを借りることもありました。その際の挨拶の事なのですが、こればかりはやってみないと分からないと痛感しています。社宅であるならば、ある程度の慣例があるため従えばそれで良いのですが、一般のアパートですとそうはいきません。  我が家の場合は、子供が三人もいるためそっけなく済ませる訳にはいかず、かなり気を使うことでした。そのため、大抵はある程度の予測をたて挨拶をした方が良いだろうと思われる件数分菓子折りなど用意するのですが、殆どのお宅が留守がちで二週間経っても挨拶をすませられなかったり、やっとお会いできたと思ったら物凄く迷惑そうな態度を露骨にとられたり・・逆にとても気持ち良く対応して下さる方もあれば、実は相当な曲者だったり・・本当に様々です。  借家へ引っ越す場合、挨拶はやってみないと分からないと本当に思います。一番やりやすかったのは新築の分譲のマンションを購入した時です。やはり、皆さん長いお付き合いを考えるのでそうなるのでしょうね。ただ、中古物件となったところへ、後日入居された方だけは違いました。同じ階の住人に通りすがりもしかとをきめこんでおられました。人によるところもあると思います。 永久脱毛加古川.xyz

関連記事

反応が違いすぎる引っ越し先の挨拶
国内に限りますが、夫が転勤属だったため指折り数えないと分からないくらい何度も引...
テスト
テスト記事です。...